育成する技術者像と学習・教育到達目標

  • HOME
  • 育成する技術者像と学習・教育到達目標

育成する技術者像

広い視野を持つエンジニアを目指して

私たちの学科は、機械技術者としての確かな基礎能力とその能力によって社会に貢献する姿勢を身につけたエンジニアを育てます。そのために、工学部のディプロマポリシーに基づいて以下のような育成すべき技術者像を設定し、学科一丸となって教育に取り組んでいます。

1
豊かな教養と国際感覚を身につけており、多様化する社会の諸問題を主体的に解決できる基礎能力を身につけている。
2
工学を支える理系の基礎科目を学んだ上で、高度な専門知識や最先端の技術を習得しており、自己学習により発展できる資質・能力を身につけている。
3
工学の特定専門分野だけでなく他の幅広い分野についても知識を有することにより、工学全般に渡る複合的な諸問題にも果敢に取り組める能力を有する。
4
工学分野の課題探求・解決、創造のための実践能力、コミュニケーション能力と表現力を身につけている。

学習・教育到達目標

上記のような資質・能力を身につけた「自立した技術者」を育成するために、私たちの学科では、以下のような9つの学習・教育到達目標を掲げてカリキュラムを設計し、目標に沿った学習・教育を行っています。学生には、これらの目標に向かって意欲的に学習することが求められます。教員は目標を達成した質の高い人材を社会に送り出すために、不断にその教育を改善しています。

多面的思考力

人文・社会科学、語学を幅広く学び、専門知識に偏しない豊かな教養とものごとを地球的視点から多面的に考える能力を身につけます。

1
工学だけの狭い領域だけでなく、人間としての生き方やグローバルな立場からも考え、行動し、課題の解決を行うことができる資質を身につける。
2
地球環境の保全に配慮した科学技術を尊重した立場からも考え、行動し、課題解決を行うことができる資質を身につける。

技術者論理

科学技術が社会と自然におよぼす影響を理解し、技術者としての社会に対する責任感を培い、高い倫理観を身につけます。

1
社会の現状および企業の仕組みを理解し、社会及び企業との関係において、技術者としてのあり方を身につける。
2
技術者倫理および情報倫理について理解し、実践的な対応力を身につける。

コミュニケーション能力

日本語による論理的な表現力と討論能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身につけます。

1
専門領域の参考書や科学技術文献等を調査し、また実験結果や研究結果等をまとめて記述、発表、討論する能力を身につける。
2
国際的に通用する語学力を習得し、文化、技術の交流に必要なコミュニケーション基礎能力を身につける。

数学と自然科学の知識

機械工学の基盤をなす数学、物理学、化学を習得します。

1
線形代数、微積分学の基礎とその応用能力、および確率・統計の基礎を含む数学に関する自然科学の知識を習得する。
2
物理学の基礎とその基礎実験を通して自然科学の知識を習得する。
3
化学の基礎とその基礎実験を通して自然科学の知識を習得する。

機械工学の知識と応用力

機械工学の基礎知識を、材料と構造、運動と振動、エネルギーと流れ、情報と計測・制御、設計と生産、機械とシステムの諸分野にわたって習得する。その知識を問題解決に応用できる能力を身につけます。

1
機械工学の主要分野である材料と構造、運動と振動、エネルギーと流れ、情報と計測・制御、設計と生産、機械とシステムの諸分野の基礎知識を習得する。
2
研究や実験等を計画・遂行し、その結果を解析しそれを工学的に考察する能力を習得する。

デザイン能力

技術と科学の知識を総合して技術課題を設定し、それを実践的、創造的に解決する能力を身につけます。さらに、技術者としてその能力を不断に高める姿勢を確立します。

1
工業製品の設計、供試材料の評価、製品の製作、製品強度の評価・検査を系統的に実施する能力を身につける。
2
工学的、技術的課題を設定し、それを解決するための実験計画、研究計画を立案・実行・評価する能力を身につける。

自主的・継続的学習能力

将来にわたり技術者として活躍していくために必要な技術と科学の知識を自主的に学習し,かつ,自ら研鑽して 継続的に学習できる能力を身につけます。

1
技術と科学の知識を得るとともに,実習科目を通して効果的な学習方法を身につけ,自主的に学習することができる能力を身につける。
2
習得した技術や知識をもとに,自ら研鑽して継続的に学習し,未解決問題や課題を解決できる能力を身につける。

計画・実行能力

与えられた条件のもとで課題を論理的に解析し,それらを解決するための計画を立案し行動するとともに、必要に応じて計画を修正するマネージメント能力を身につけます。

1
与えられた制約の中で、課題を解決するための行動を計画し,実行する能力を身につける。
2
計画の進捗を把握し,必要に応じて修正する能力を身につける。

チームワーク能力

協働活動の役割分担を理解し,なすべき行動の判断と的確に実行する能力を身につけます。

1
協働目的を達成するために,自己や他者がなすべき役割を理解する能力を身につける。
2
自己や他者のなすべき行動を判断した上で,相互の意思疎通を図り,協調して実行する能力を身につける。

JABEE

静岡大学工学部機械工学科は
日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けています

JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と
連携大学院協定を結んでいます。

静岡大学工学部機械工学科
〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1 TEL:053-478-1602(機械工学科事務室)

Copyright © Shizuoka University. All Rights Reserved.

PAGETOP